CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ハッカーと画家 | main | 松坂vsイチロー 川越市との関係 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
巨大災害の時代を生き抜く-ジェオゲノム・プロジェクト
南極や北極の氷を抜き取って調べるのと同様な調査が、湖の底の土でもできるということも知らなかったのですが、それに基づいて、直接社会に訴える発言をしてあります。ただし、それについて読むのに、この本が最適ではなさそうです。繰り返しの多い冗長な内容になっています。
縄文土器が世界最古の土器だと思っていたのですが、これについては中国の方が古い様です。それはともかく、土器文明で西洋に先行していたのは、気候変化が地域によって違っていて、なおかつ、生態系が変化にあわせて安定してくるまでの年代も湿潤な地域のほうが早いからという様な差のせいみたいです。
大晦日のタケシの番組では、12500年前に核戦争で滅んだ古代文明の話をしていたのですが、多分それは間違いなのでしょう。
タケシの番組ではハンコックが、南極がアトランティスという説を唱えていましたが、この本ではアトランティスとしてではないのですが、黒海が気候変動で水没することで、その地域に住んでいた人たちの大移動が起こってヨーロッパに広がったという説が出てきます。
特に何かが無くてもフロンティアを目指して広がって行きそうなものですが、そうでもないのかも知れません。
タケシの番組では言っていなかったのですが、地球温暖化の影響がすぐにも日本に響いてくるストーリーとして、中国内陸部の旱魃を引き起こすことによって、中国内陸部から沿岸部への難民の流れとそれに、沿岸部の住民が押し出されて日本にも影響が出てくる(これは歴史は繰り返すという話として出てきたわけですが(タケシの番組だと、ノストラダムスの1999年を2007年に延期して、いるので、アンゴルモアの大王を蒙古来襲みたいに解釈すればある程度重なります。))
あと、以前、NHKの番組でもやっていたのですが、アメリカでは砂漠の中で地下水をくみ上げて農業をやっているところがあるわけですが、それについてこの本では触れていました。それが、もうすぐ破綻するので、食糧輸入国の日本には大きな影響が出てくるというわけです。
国単位に留まらず、地域別に食料自給率を上げる努力をすべきだと思うのですが、スローフードというかすかなブームに頼っているだけの現状では、将来不安です。
今日、妻が、「引越し引越し」のおばさんとそっくりな、細木数子の番組を見ていたのですが、30年後には日本人は、みんな難民になっているとか言っていました。なんとなく、声の調子とかから、半年後に細木数子自体が生きているのかどうかさえ心配な気がしましたが、まあ、地球温暖化によって、天災が続く未来に食料自給率の低い日本が苦しい立場に立たされたとしても、不思議ではありません。
最近見たwbsだったかでアラブの国が、石油枯渇にそなえて、観光立国を目指して立派なホテルや高層ビルを建てているというのをやっていましたが、風前のともし火という言葉が浮かんでしまいました。
日本自体は、温暖化でも水がなくならないとしても、温暖化で水が無くなる国のとばっちりが2030年までに来るというのは、アラブの国から石油が枯渇するのと同じくらい高い確率でありうる近未来でしょう。
温暖化の影響で、現在日本へ食料を輸出している国が異常気象による水不足に陥る未来に日本が一体どう備えているのか? 実は無策なのでしょうね。
| 古代史 | 00:44 | comments(1) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 00:44 | - | - |
コメント
地球温暖化ってホントなんですかね?

それはさておき、

>12500年前に核戦争で滅んだ古代文明の話をしていた

こう言う感じの本は読んだ記憶があります。
タイトル忘れましたが、かなり古い本だったんですね。トンデモ本か?とか思ったんですが、説得力があってとても面白かったと記憶しています。何か医者が余暇に研究して書いた本だったんですよね。
砂漠の地層を掘り返してみると、ガラスが溶けたような地層が出てきて、これは高温じゃないと生成できない、とか書いてありました。例えば・・・・核戦争とか(笑)。
古代文明調べてみると、現在のテクノロジーでも作るのが難しい建築物があって、それは「古代超文明」でしかなし得ない、等と言った論法で展開していくのです(宇宙人と言い出さないだけマシ・笑?)。
その本での結論は「ネアンデルタール人の文明」があったんじゃないか、って結びでしたね。いくつかの間接的証拠は、

.優▲鵐妊襯拭璽訖佑惑召澆充体は現人類より大きかった(ホントか・笑?)
現代の人類は脳にムダが多過ぎる。動物は必要ない機能は発達しないものだが、それにしては脳の容量はデカイ。従って、現生人は何らか(例えば核戦争)の後遺症により、退化した人類である(これもホントか・笑?)

等と書いてありました。ウロ覚えですみませんが。
でもその本面白かったんですよねえ。
| kame | 2006/08/25 6:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pag1.jugem.cc/trackback/12
トラックバック
CO2削減☆クールビズ・ウォームビズって何になるの?
クールビズ・ウォームビズって言葉がずいぶん流行しましたがあんまり一般的に使われだして、本来の目的を知らない人も多いのではないでしょうか?夏のノーネクタイや、冬はベス...
| 太陽光発電は地球と環境に優しいっていうホントの太陽光発電情報 | 2007/01/03 1:01 PM |
地球温暖化 南太平洋のツバル 海外移住を考える住民
 地球温暖化による海面上昇のため、南太平洋の国ツバルの国民が国外への移住に迫られているという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  本日の記事になっている南国の小国ツバルについては、この記事により初めて耳にした国だったが、調べてみると1978年
| 総合情報ニュース徒然草 | 2007/02/20 5:01 PM |